iPad 3rd Generation 購入と自炊について

投稿者: | 2012年3月19日

先日発売されたiPad 3rdを購入しました。
白の32GB Wifiです。

とにかくRetina搭載が非常に嬉しいです。
今まではAcerの ICONIA TAB A500 を使っていました。解像度が1280×800でした。
それが2048×1536と倍近くになり、自炊をしている人にとっては決定版と言っていい程のものだと思います。

iPadで自炊(主にコミックス)した本を読む方法を色々と調べましたが、どうやらNASのファイルを直に読むのは難しそうです。
ここで言う「直に」とは、ScanSnapでJPEGでスキャンしたファイルを読む方法です。
iPadで定番のコミックビューアは「i文庫HD」「ComicGlass」みたいですが、どちらもiPadに転送する形をとっています。
問題はZIPに固めたファイルを想定しているため、フォルダにJPEGファイルが複数枚ある形式だと非常に都合が悪いです。

ScanSnapで本をスキャンした場合、保存するファイル形式として「PDFにまとめる」か「JPEGで1ページ1ファイルにする」か選べます。
個人的にPDFはあまり好きではないため、1冊(1巻)ごとにフォルダを作って保存しています。
AndoroidではRootを取れればSMBをマウントできるので気にしていませんでしたが、1冊ずつZIPにするのは大変です。
自炊している方々はどのように保存しているか分かりませんが、自分と同じように保存している方はいると思います。

フォルダ単位で圧縮するのが面倒なので、自動化できるソフトを軽く探してみたのですが見当たりません。
というわけで自分で作ろうと思います。

↓画面がしょぼいですがこんな感じで作成中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です