グラミーの転覆病

投稿者: | 2010年4月25日

1週間ほど前からコバルトドワーフグラミーの雌が転覆病を発症しています。
隔離して5%の濃度の食塩水に入れておいたのですが全然よくなりません。
ひとまずちょっかいを出す魚もいないので元の水槽に戻しました。
すると気になるらしく、雄のグラミーがずっと寄り添っています。

雌の方はたまに水槽を1周するくらいバタバタしながら泳ぐので、まだ命に別状はないかと思っていますが、どうやっても同じ面を上にして横たわっているので乾燥して壊死しないか心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です