CO2添加と芝を植えてみた

投稿者: | 2010年7月11日

お手軽なCO2添加方法である「発酵式CO2」に興味を持ったので始めてみました。
CO2があれば今まで育てられなかった水草が植えられるのでヘアーグラスを植えてみました。

↓発酵式のペットボトル

作り方はインターネットでたくさん出てきますが、自分のメモ用として残しておきます。
【材料(900ml用)】
・イースト菌(ドライイースト)
・砂糖(上白糖)400g
・水400cc
・ゼラチン
【作り方】
1. 水を鍋に入れて沸騰させない程度に温める
2. 砂糖を入れて溶かす
3. 冷める前にゼラチンを入れてよくかき混ぜる
4. ペットボトルに入れる(今回はアイスコーヒーのボトルなので0.9リットル)
5. 冷蔵庫に入れて固まるのを待つ
6. 固まったら40℃くらいのぬるま湯を入れてイースト菌を入れる

今回はなかなかCO2が出なくて悩んでいたのですが、イースト菌が足りなかったらしく2回足したら出てくるようになりました。
1.5秒で1滴くらいの速度で出てます。

↓ヘアーグラスを植えてみた

ヘアーグラスはチャームで2束買ったのですが、この植え方で1束で済みました(この植え方があってるかは疑問ですが)。

レッドラムズホーンが増殖しすぎて、アマゾンソードやフロッグビットが食べられてしまっています。
土日で計量カップ300CCくらい捕獲したのですがまだ取り切れていません。
後景のアマゾンソードを増やして前面にヘアーグラスを植えてみました。
ヘアーグラスは水上葉らしいのでこれからどうなるか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です