東芝の活動量計 WERAM1100 購入

投稿者: | 2014年9月2日

久々の更新となります。

前々から万歩計や睡眠時間を計測するガジェットが好きで色々試していますが、東芝から発売されたWERAM1100を
購入してみました。
昨日までは JAWBONE の UP というものを使っていましたが、一世代古かったのとボタン部分が取れてどこかに行ってしまったため買い換えです。

人気らしく、発売日(2014/8/20)に入手できませんでしたが昨日届いたので早速セットアップしました。

s-2014-08-28 22.30.38
↑パッケージは小さいです。

s-2014-08-28 22.30.49
↑中身

s-2014-08-28 22.31.35
↑本体と充電器

s-2014-08-28 22.32.56
↑本体

設定は簡単で、ボタンを5秒くらい長押しするとペアリングモードになるのでスマホ等とペアリングします。
あとはアプリをダウンロードすれば管理開始です。

Screenshot_2014-08-30-18-09-50
↑こんな画面です

付けて数日過ごしましたが小さい腕時計くらいのサイズなのであまり気になりません。
ただ、バンドがつや消しのゴム製でホコリがよく付き中々取れません。
黒にしたのをちょっと後悔しています。

JAWBONEと大体同じ機能を持っていますが、いくつか違いがあります。
■メリット
・睡眠モードの切り替えが不要
  JAWBONEは寝る前に手動でモード切替が必要ですが、こちらは自動判定です。
・バッテリーが長く持つ(らしい)
  公称14日と活動量計の中ではトップの長さです。
・LEDが大きく見やすい
  JAWBONEはフチにアイコンが浮かび上がります(活動モード、睡眠モード)が、こちらは大きいLEDで色判別します。
・Bluetoothなので同期が楽(JAWBONEの新型はBTですけど自分のはイヤホンジャックです)

■デメリット
・睡眠サイクルに適した目覚ましがない
・バンドがイマイチ
・睡眠が自動判定なので楽だが、睡眠時間が細切れになる時がある
  「目覚めた」判定が甘いんでしょうか。

といった感じでした。
まだ使い始めて1日なのでデータが貯まってくるとまた違うかもしれません。

Playストアのレビューにメーカの担当者がコメントしているのを見る限り、アプリの改善は期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です