reMarkable ノート機能編

投稿者: | 2018年7月23日

はじめに

reMarkableのメイン機能である「ノート」機能について記述します。
書き心地もよく、E-Inkで言われるラグ(書いた後に表示されるまでの時間)も気になりません。

管理

ノートに名前をつけると保存され、初期は1ページのノートになります。
ページを追加すると後ろに足されていきます。
またフォルダが作成できるため、日付(年月など)ごとや分類(私用、仕事など)によってフォルダを作成し、
その中にノートを作成するといいと思います。

ノート管理

リフィル

ノートのリフィルは縦・横とも結構な数が用意されています。

ノート_リフィル縦

ノート_リフィル横

ペン

雑ですが以下のペンが用意されています。
↓適当に書いたサンプル

ノート_ペン

通常のペン(ボールペン的な)

太さが一定のペンです。
文字を書く場合はこれになると思います。

鉛筆

かすれが再現されます。

インクペン

ペンを画面に当てておくとインクが滲んでいくようなペンです。
ペン先をその場に留めておく時間に比例して太くなっていきます。

蛍光ペン(ラインマーカー)

そのまんまです。
2重3重に重ねて塗ると、その部分は濃くなります。

その他機能

コピーアンドペースト

Windowsの標準アプリにある「ペイント」に近いです。
囲んだ範囲のコピペ、拡大縮小、移動が可能です。

レイヤー

絵を描くことがないと思うのでほとんど試していませんが、レイヤーを扱うことができます。
1枚目のレイヤーを表示にするなどができます。

感想

ノートの機能は十分だと思います。
書き心地がよいため、十分紙のノートの代替えになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です